熊野筆について|熊野筆って何だろう?
経済産業大臣指定 伝統的工芸品 熊野筆団体商標 熊野筆
経済産業大臣指定 伝統的工芸品 熊野筆

熊野筆は昭和50年(1975年)に、毛筆業界としては
全国で初めて、通商産業大臣(現在の経済産業大臣)により
『伝統的工芸品』の指定を受けました。
それによると、経済産業大臣指定伝統的工芸品熊野筆は、
下記の規定により製造された筆とされています。

  • 伝統的工芸品の名称
  • 熊野筆
  • 伝統的な技術又は技法
  • 火のし・毛もみには、もみがらの灰を用いること。
  • 寸切りには、『寸木』及びはさみを用いること。
  • 混毛は、『練りまぜ』によること。
  • 糸締めには、麻糸を使用すること。
  • 伝統的に使用されてきた原材料
  • 穂首は、ヤギ、ウマ、シカ、タヌキ、イタチ若しくはネコの毛又は
    これらと同等の材質を有する獣毛とすること。
  • 軸の素材は、竹又は木とすること。
  • 製造される地域
  • 広島県安芸郡熊野町
ホーム | イベント情報 | 熊野筆について:熊野筆って何だろう熊野筆の伝統工芸士児童・生徒のみなさんへよくある質問 | 熊野筆事業協同組合 |
組合員:組合員紹介組合員のみなさんへ | 熊野筆事業協同組合青年部:活動内容紹介青年部員のみなさんへ | 筆組合ブログ | リンク
熊野筆事業協同組合
〒731−4214 広島県安芸郡熊野町中溝3−13−19
電話 082−854−0074
このホームページは、全国中小企業団体中央会より「平成20年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて作成しています。