よくある質問
熊野筆の歴史と現在熊野筆の作りかた筆いろいろ伝産関係その他よくある質問お問い合せ
熊野筆の歴史と現在
熊野で筆作りが盛んな理由は?

かつては全国で行われていた筆作りが、現在でも熊野で盛んに行われている理由としては、
次のようなことが考えられます。

  • 熊野で筆作りが始まった当時は、交通の便が悪く、他の地域に働きに出ることが難しかった。
  • 自宅で仕事ができるので、家を離れられない人にも出来るものだった。
  • 子供の頃から筆作りを見ているので、仕事を早く覚えやすかった。
  • 最初から優れた技術を取り入れたから。(有馬は、社寺筆を作っていたので、
    他の産地より優れた技術を持っていたといわれています。)
  • 伝統工芸士をはじめとして、優れた指導者が町内にたくさんいる。
  • 熟練を要するので、他地域に真似が出来ない。
  • 多くの人々が筆を作っているので、多種類・大量の注文にも応じられる。
  • 他の筆生産地が少なくなった。
  • 後継者を育てている。
  • 熊野に他の産業が入り込まなかった。

熊野の人々の努力と情熱によって、その優れた技術は、170年以上経った今でも、
脈々と受け継がれているのです。

熊野筆の歴史

【熊野と筆の出会い】
熊野町で筆作りが始まったのは江戸時代末期と言われています。
当時の熊野の人々は、主に農業で生計を立てていましたが、農地も少なく、それだけでは生活を支えきれず、農閑期には吉野(奈良県)地方や紀州(和歌山県)地方へ出稼ぎに出ていました。出稼ぎの帰りには奈良や大阪、有馬(兵庫県)地方で筆や墨を仕入れて、行商しながら熊野に帰っていました。これが熊野と筆を結びつけるきっかけとなったのです。
こうしたことが繰り返されている間に、天保5年(1835年)佐々木為次は13歳の時、有馬(兵庫県)に行きました。そこで彼は4年間、筆の作り方を学び、天保9年(1839年)17歳で熊野に帰ってきました。また、弘化3年(1846年)井上治平(井上弥助)は18歳の時、広島の浅野藩御用筆司吉田清蔵より、筆作りの技術を学びました。さらに同じころ、乙丸常太(音丸常太郎)も有馬(兵庫県)より、筆作りの技術を学び、熊野に帰ってきました。そして彼らは人々に技術を広め、筆作りは熊野に根を下ろし始めました。

【明治以降】
このように熊野に伝わった筆作りが、飛躍的に発展したのは、明治に入ってからです。
明治5年(1872年)に学校制度が出来、学校に行く子供が増えると、筆がより多く使われるようになりました。そのため、筆作りをする人が増え、良い筆を作る努力や工夫がいっそう進められるようになりました。
明治10年(1877年)には、第1回内国勧業博覧会に出品された熊野の筆が入賞しました。人々のこうした努力によって、熊野筆の名は、次第に全国に知られていくようになりました。
明治33年(1900年)に義務教育は4年間になり、学校に通う子供たちの数が増えると、筆はますます使われるようになりました。この頃から東京、大阪、奈良などでは、近代産業の発展とともに次第に筆作りが衰え始めました。一方、熊野には新しい産業が入らず、筆作りが地域を支える産業として発展していきました。昭和11年(1936年)には、7000万本もの筆を作るまでになりました。

【第二次世界大戦以降】
ところが、第二次世界大戦が起こると、原料が入りにくくなり、また、働く人を戦争に取られるなどの理由から、筆作りがほとんど出来なくなりました。
戦争が終わって2年後、学校での習字教育がなくなりました。このことは、熊野の筆作りにとって大きな問題で、人々は、この問題を解決するために知恵を出し合いました。そうして、このころ画筆や化粧筆作りに活路を求める人もありました。
そのうちに小学校で毛筆習字が許されるようになり、昭和33年(1958年)には、文部省の学習指導要領に取り入れられ、筆作りに再び希望が持てるようになりました。

【伝統的工芸品認定から現在まで】
昭和50年(1975年)には、熊野の筆産業が、中国地方で最初に伝統的工芸品として通商産業大臣(現在の経済産業大臣)より指定を受けました。
さらに平成16年(2004年)12月には、当時としては全国的にも珍しい団体商標を取得しました。これは標準文字での商標のため、「クマノフデ、クマノヒツ、クマノ」の称呼となるすべての文字が対象となります。
平成18年(2006年)1月には、熊野筆の統一ブランドマークも開発され、熊野で作られた製品である証として、広くPRされています。

今や熊野筆は、多く人々からその品質を認められ、世界中で親しまれています。

筆の仕事に携わる人はどのくらいいますか?

平成19年現在、約2,500人です。

※この数字には、直接筆を作る職人以外にも、筆の原料となる軸や金具を作る人や、
 筆を入れる特殊な袋を作る人、筆業者の事務職や営業職の人なども含まれています。

現在の熊野筆の販売量は?

平成18年度に実施した、産地概況調査の結果は以下のとおりです。

  (販売量) (販売額)
毛 筆 1,000万本 45億円
画 筆 1,200万本 25億円
化粧筆 2,800万本 40億円
ホーム | イベント情報 | 熊野筆について:熊野筆って何だろう熊野筆の伝統工芸士児童・生徒のみなさんへよくある質問 | 熊野筆事業協同組合 |
組合員:組合員紹介組合員のみなさんへ | 熊野筆事業協同組合青年部:活動内容紹介青年部員のみなさんへ | 筆組合ブログ | リンク
熊野筆事業協同組合
〒731−4214 広島県安芸郡熊野町中溝3−13−19
電話 082−854−0074
このホームページは、全国中小企業団体中央会より「平成20年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて作成しています。