よくある質問
熊野筆の歴史と現在熊野筆の作りかた筆いろいろ伝産関係その他よくある質問お問い合せ
筆いろいろ
筆の部分の名前
筆の選び方のコツはありますか?

まず、形が良いことが条件です。穂首の部分がでこぼことしている形の悪い筆は避けましょう。
試筆を置いている売り場もありますので、実際に触れてみたり、使い心地を試したりしてみるのも良いでしょう。

【毛筆】
初めて書を学ぶ時におすすめなのは、短峰(穂先4〜5cm程度、穂首の経1.2〜1.3mm程度の、太さに対して長さが短めのもの)で、馬毛が多く入っている剛毫筆(弾力のあるもの)や兼毫筆が書きやすいでしょう。

【画筆】
画筆は、その用途に合わせて、かなり種類が豊富です。毛の種類によって書き味がかなり異なります。また、形状も様々です。描きたいものにあわせて上手に使い分けましょう。

【化粧筆】
化粧筆も画筆同様にたいへん多くの種類があります。
口紅用の筆はイタチ毛で作られた物の方が、コシが強く扱いやすいようです。
頬紅やアイシャドウなどの粉の化粧品をのせるための筆は、リスなどのやわらかい毛の筆の場合は、ゆっくりと発色していくので、ふんわりと色をのせたい場合におすすめです。一方、イタチや馬などの強めの毛で作られている物を使うと、色がしっかりと入ります。自分の化粧にあわせて素材をよく吟味しましょう。

●用途に合った筆を選ぼう 〜『良い筆』の選び方のコツ〜
『値段の高い筆が良い筆なのですか?』とお客様から聞かれることがあります。
確かに、高い技術に裏打ちされた品質を持つ商品に、ある程度の値段がつけられているのは一般的ですが、それ以外に、素材の違いによる値段の差があります。
例えば毛筆の場合、馬の毛で作った筆と、ヤギの毛で作った筆とでは、馬の毛のほうがヤギの毛より安価で手に入るため、馬毛の筆の方が安い傾向があります。
では、例外なく馬毛の筆よりヤギの毛の筆の方が良いのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。これから書を始めようとする人には、柔らかいヤギの毛では扱いづらいでしょうし、勢いのある渇筆(わざと、かすれを出す書き方)を活かした作品を書こうとするときには、柔軟なヤギの毛の筆よりは、むしろ力強い馬の毛の方が使いやすいかもしれません。
一方、柔らかな曲線を活かした、ぽってりとした字を書きたいときには、ヤギの毛の筆が、遺憾なくその持ち味を発揮することでしょう。
いくら値段が高い筆を選んでも、用途に合っていなければ、一概に『良い筆』とは言えないようです。

わたしたちと同じように、筆にもそれぞれ個性があります。自分の用途に対して使いやすい性質を持つ筆こそが、自分にとっての『良い筆』と言えるでしょう。

熊野で筆作りが盛んな理由は?

筆は、お店で買ったときには、ほとんどの物が毛先を糊固めされてキャップをかけられています。
使う前にはやさしく穂先をほぐし(力を入れすぎると、毛が折れたり切れたりする原因になります)、糊を取りましょう。

筆の手入れの仕方

筆は基本的には消耗品なのですが、手入れ次第でその寿命は大きく変わります。
正しく手入れをして、長く愛用していただければ幸いです。
※一般的な手入れ方法をご紹介しています。詳しくは、筆をお買い求めになった販売店等にお尋ね下さい。

【毛筆】
根元までほぐして使用した筆の場合は、毛についている墨を根元まできれいに洗い落としてください。
きれいになったら、毛を整え(毛がゆがんだままで干すと、そのままの形で癖がついてしまいますので、必ずまっすぐに整えてから)、なるべく穂首を下向きにして(筆の後ろについている紐でつるすなど)風通しの良い日陰で乾燥させてください。
根元までほぐさずに使用した小筆などは、固まっているところをほぐさないで、水をしみこませた半紙で、墨が出なくなるまでぬぐってください。
キャップをかける場合は、必ずよく乾燥させてからにしてください。カビや切れ毛の原因になります。

【画筆】
毛筆同様、毛についている絵の具をしっかりと洗い、水気を切り、風通しの良い日陰で乾燥させてください。油彩などの水では落ちにくい画材を使用した後の場合は、固形石鹸(薬用は不可)を使って洗うのも良いでしょう。

【化粧筆】
用途によって多少の手入れの違いはあるのですが、基本は使用後すぐに筆に残っている粉や口紅を落とすことです。粉の場合は、タオルなどの凹凸のある布を用意しておき、筆でその布の表面を軽くなでるようにすると、粉が取れます。櫛をかけておくのも良いでしょう。
口紅の場合は、ティッシュでぬぐっておきます。
皮脂汚れがひどい場合は、洗っても差し支えありません。ぬるま湯にシャンプーを薄くといて洗い、よくすすぎをし、形を整えてから風通しの良い日陰で乾燥させます。

ホーム | イベント情報 | 熊野筆について:熊野筆って何だろう熊野筆の伝統工芸士児童・生徒のみなさんへよくある質問 | 熊野筆事業協同組合 |
組合員:組合員紹介組合員のみなさんへ | 熊野筆事業協同組合青年部:活動内容紹介青年部員のみなさんへ | 筆組合ブログ | リンク
熊野筆事業協同組合
〒731−4214 広島県安芸郡熊野町中溝3−13−19
電話 082−854−0074
このホームページは、全国中小企業団体中央会より「平成20年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて作成しています。