よくある質問
熊野筆の歴史と現在熊野筆の作りかた筆いろいろ伝産関係その他よくある質問お問い合せ
その他よくあるご質問
筆の名前がわかれば、製造業者がわかりますか?

お客様からのお問い合わせでたいへん有難いのが『昔に手に入れた筆が、すごく書きやすくて気に入って使っていたのだが、古くなったので同じものを買い求めたい』というものです。
その時、手がかりとして筆の名前のみをおっしゃることがあります。

現在熊野町内にある筆関連業者は、大小あわせて70〜80社あると言われています。
そして、業者ごとに作った商品に名前を付けていますので、偶然に他社で出来た商品なのに名前が同じになるということが、ままあります。
さらに、筆の生産地は、熊野町以外にも、経済産業大臣指定の産地だけ挙げても奈良、豊橋、川尻と、多くの産地があります。そして、それぞれの場所で、それぞれに名前を付けているわけです。
ですから、筆の名前だけで製造業者を特定することは、かなり困難なことと言えそうです。

しかし、その他の情報がもう少し付け加わると、格段に探しやすくなります。
筆を探す機会がありましたら、参考にしてみてください。

  • ●筆の軸に、名前以外のことが彫刻してありませんか?
  • 筆の軸に筆の商品名以外に、製造業者の名前が彫刻してあることがあります。
  • ●筆の軸にシールが貼ってありませんか?
  • 筆の軸に、手がかりとなるシールが貼ってあることがあります。
  • 伝産シール
    経済産業大臣指定の伝統的工芸品の統一マークです。これには産地組合の名前が書いてあるので、その商品の出来た産地がわかります。
  • ブランドシール
    各業者の名前が入ったシールが貼ってあることがあります。
  • 価格シール
    基本的には価格が書いてあるのですが、まれにここに業者名が入っていることがあります。
  • 熊野筆ブランドシール
    熊野筆ブランドシールには、すべてに異なる記号とシリアルナンバーが入っています。この記号と番号とシールの色が分かれば、商品を生産した業者が特定できます。
  • ●筆はどんな形状ですか?
  • 筆の大きさや、穂先・軸の色などが分かると、複数の同一名商品があっても、見分けやすくなります。
  • ●購入時の価格がわかりますか?
  • 大きいものから小さいものまでを同じ名前で揃えたシリーズになっている筆があります。価格がわかると、その中からも探しやすくなります。
  • ●どこで手に入れたか、わかりますか?
  • 購入したお店や、入手したルートがわかると、探しやすくなります。
ホーム | イベント情報 | 熊野筆について:熊野筆って何だろう熊野筆の伝統工芸士児童・生徒のみなさんへよくある質問 | 熊野筆事業協同組合 |
組合員:組合員紹介組合員のみなさんへ | 熊野筆事業協同組合青年部:活動内容紹介青年部員のみなさんへ | 筆組合ブログ | リンク
熊野筆事業協同組合
〒731−4214 広島県安芸郡熊野町中溝3−13−19
電話 082−854−0074
このホームページは、全国中小企業団体中央会より「平成20年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて作成しています。